アイピルは通販で買っておこう

アイピルを購入しようとネット通販を利用している女性避妊に失敗してしまって「妊娠してしまっては困る!」と慌てる前に、アイピルを通販で購入しておくと安心です。
アイピルは飲むと体内の女性ホルモンのバランスを変化させることで、排卵がまだの場合には排卵をストップさせ、精子が子宮の中で動きにくいように粘膜の粘度を上げ、万が一受精してしまっていた時に受精卵が着床する場所の子宮内膜を剥離させる作用によって妊娠することを防ぐことができる薬です。
アイピルは堕胎に比べて費用も安く、女性の心身に負担をかけずに済むというメリットがあります。100%完璧ではないと言われていますが、避妊に失敗してから早めに飲むことで妊娠する確率を大きく下げることができます。それは、受精卵は7~10日ほどかけて子宮内膜に着床して妊娠が確定するのですが、アイピルを服用するのが遅くなり着床のタイミングよりも遅くなってしまうと効果がなくなってしまいます。妊娠するまでに服用しなければならないため、避妊に失敗してから72時間以内に飲まなくてはいけません。しかも避妊失敗直後に飲んだ方が72時間ぎりぎりに飲むよりも避妊の成功率が高くなっています。
日本国内でアイピルを購入する場合には医師の処方箋が必要となります。しかし恥ずかしかったり病院に行くまでの時間が惜しいという人は、通販で購入して持っておくと安心です。通販は海外から個人輸入という形になりますが、現在はネットで個人輸入の代行を行っている業者がたくさんあり、購入の仕方は日本のネット通販とそう変わりがありません。また、通販で購入しておくと病院で処方してもらうよりも格段に安い値段で購入することができます。
万が一のために、アイピルを通販で購入しておきましょう。