アフターピルで安心していいのは次の生理がきてから

アフターピルを使うためにネットで情報を集めている女性望まない妊娠を避ける為、万が一に備えてアフターピルについての知識を持ちましょう。避妊に失敗したらアフターピルを処方してもらえば妊娠を防ぐことができると安易に考えている人がいたら、それは間違いです。しっかりとした知識の元に服薬しなければ、妊娠の可能性があるということを把握しておきましょう。
アフターピルというのは、緊急避妊薬と言われるピルの一種です。妊娠が確定する前に服用することで、妊娠を避けることができるものですが、卵子が着床するまでの間に服用しなければいけず、その時間は72時間と言われています。この時間を越えてしまうと、避妊薬の意味はありません。もし、その可能性があるならば一刻も早く処方してもらう必要があります。
アフターピルは12時間に1回服用し、その12時間後にもう1回服用します。なるべく誤差がないようにすることが大切です。また、アフターピルは副作用が強い薬でもありますので、嘔吐してしまった場合などは処方してくれた医師に相談してください。飲んだけど吐き出してしまったという場合には妊娠のリスクが上がります。自己判断で飲んでしまったりすることがないようにしましょう。
アフターピルを飲めば絶対に妊娠しないと思っている人がいるようですが、実は避妊率としては80%程度と言われているのです。その理由としては排卵日前後に性交渉をしていたことや排卵日がズレていたなどの理由があります。完璧に避妊ができるものではないということを知りましょう。また、次の生理がきたことが避妊が成功したかどうかの目安ですから、飲んだから大丈夫というのは間違いです。なるべく、アフターピルに頼らなくても良いように日頃から避妊をしっかりするようにしましょう。