アフターピルによる消退出血

アフターピルは、避妊に失敗した性交渉後に服用するピルで、服用後早ければ3日程で出血が起こります。
この出血は「消退出血」といい、アフターピルによって子宮内膜をはがしたことによる出血です。
個人差はありますが、一般的には服用後3日~3週間の間に消退出血が起こり、3週間をすぎても出血がなければ妊娠している可能性があるので、市販の検査薬や病院での妊娠検査を受けた方がよいでしょう。
消退出血は、排卵日の直後の場合にははがれ落ちる子宮内膜が少ないため、出血量は少なく、排卵日から日数が経っている場合には生理と同様の出血があります。
消退出血が起これば避妊に成功したといえますが、ただ着床出血と間違う可能性もあるので注意が必要です。
着床出血について医師から診察を受けている女性着床出血は、受精卵が子宮に着床したことで起こる出血で、アフターピルの服用時期と重なると、消退出血と区別がつかない場合もあります。着床出血は、ピンクに近い色で出血量もごくわずかな場合がほとんどですが、少しでも不安を感じる場合には病院を受診することをおすすめします。
ホルモンバランスを変かさせて生理周期に影響を与えるアフターピルは、低用量ピルとは違って緊急の避妊薬として使用するものですから、体に与える影響も少なからずあり、服用後本来のホルモンバランスに戻るまでには時間がかかってしまいます。そのため生理周期が乱れたり、排卵が不安定になることもありますから、通常の生理周期に戻るまでは性交渉を控えるか、基礎体温をつけるなどしてしっかりと避妊するようにしましょう。
また女性ホルモンの急激な増加に対する体の拒否反応が起こり、吐き気や嘔吐、頭痛などの副作用が起こる場合もあります。これらの症状が妊娠初期と似ているため、避妊に失敗したと感じるかもしれませんが、副作用だと考えてよいでしょう。