アフターピルによる自律神経への影響に注意

妊娠を望んでいない場合は性行為を行う際もきちんと避妊を行っておくことが大切です。
とはいえ、いつも避妊は万全ではなく、つい避妊具をつけることを忘れてしまったり、男性側がいつも協力的とは限りません。
望まない妊娠を避けるためには、女性側も避妊薬を飲むなどで対応していきたいですが、薬を飲んでいない、飲み忘れてしまった場合などは緊急的な方法を選ぶことで対応できることもあります。
アフターピルは避妊がうまくいかなかった際に活用できる薬です。こうした薬はあまり時間をおいてしまうと効果が得られない場合もありますので、できるだけ早く処方してもらい、服用を行いましょう。
避妊に失敗してから72時間以内に飲むことを推奨していますが、飲むのが遅れればそれだけ妊娠の確率は高まりますので早く飲むことが大切です。
アフターピルを早めに飲んでおくと妊娠を防ぐ効果は高まりますが、薬には副作用もありますので、服用前はよく理解しておく必要があります。
体調不良で気分がすぐれない女性まず、ホルモンに作用する薬ですので、自律神経に影響が出てしまうこともあります。このために体には何らかの不調が発生する可能性もありますのでできるだけ安静を保っておきましょう。
そしてアフターピルを飲む際に注意したいのはアルコール類です。女性もお酒がお好きな人は多く、夏場などは生ビールも美味しいですが、アフターピルを飲んだあとにアルコールを大量に飲んでしまうと嘔吐、下痢などの症状が出やすくなり、せっかく摂取した薬の成分が体外に排出され、良い効果が得られないこともあります。
それゆえに薬を飲んだあとはお酒は控えておき避妊を成功させるよう正しく行動しましょう。
アフターピルの副作用は嘔吐や頭痛、吐き気などがありますが、こうした症状も24時間程度で収まるとされています。