モーニングアフターピルとロキソニンは併用可能なのか

モーニングアフターピルとは、毎日継続して飲むことで避妊効果を得られる低用量ピルとは異なり、性行為において避妊に失敗してから72時間以内に服用することで妊娠を回避することのできる緊急避妊薬です。
モーニングアフターピルと呼ばれることもあればアフターピルと呼ばれることもあります。
カプセル剤を服用している女性アフターピルを服用するとしばらくして出血があれば、それが妊娠を回避できた証拠になりますが妊娠しなくて済んだとしてもその後2~3か月は生理周期や排卵期が安定しない時期が続くので性行為を行う場合には必ず避妊をしたうえで行うのが望ましいとされています。
最近のアフターピルは吐き気や嘔吐、あるいは腹痛などといった副作用は出にくいとされていますが女性ホルモンの作用によって頭痛や各体の部位の痛みを感じることもあるかもしれません。
その場合には鎮痛剤としてロキソニンなどを使用したくなる人もいると思われますが、アフターピルとロキソニンは併用しても問題ないのか気になるところです。
ピルやホルモン剤なので、ほかの薬と併用する場合には注意が必要と言えます。
もし併用禁忌な薬と一緒に服用してしまった場合にホルモンバランスが崩れて体に不調の症状が出る可能性もあると言えるからです。
ただ、ロキソニンとアフターピルは基本的には併用しても問題ないとされています。
どうしても不安な場合には、アフターピルを処方してもらう医療機関などで相談してから服用するとなお安心と言えます。
偏頭痛持ちの人の場合、ロキソニンなどの鎮痛剤を常用している人も少なくありませんが、どんな影響があるかわかりませんので安易に服用するのではなく自分が口にする薬と併用しても問題ないのか念のため常に気を配ってから利用するのが良いと言えるでしょう。