旅行中の避妊失敗にはアフターピルを

旅行に出かけている二人の女性旅行中だとピルを持参することを忘れたり、その場の気分が盛り上がって避妊を失敗してしまったりする事があると思います。
そういった時にしなければならない事は72時間以内にアフターピルを使用することです。
何故72時間以内といった時間が決められているかと言いますと、アフターピルは無理矢理身体を生理の状態にして妊娠が不可能にしてしまう薬になります。
生理が起こると血が流れて着床できなくなるのですが、アフターピルを使用して生理の状態になるのに2日から3日掛かると言われています。
ですから72時間以内という期限が設けられており、生理が来る前に着床してしまうと妊娠してしまうのです。
一般的に射精してから着床するまでが7日と言われていまして、生理が来るまでに2日から3日ですから72時間ギリギリにアフターピルを使用すると本当にギリギリの状態になりますので、アフターピルを使用して妊娠を防ぎたいと考えている場合はあまりゆっくりしていないで早ければ早いほど良いのです。
人によっては72時間を超えてからのアフターピルの使用で避妊をした方もいますが、例外だと考えていた方が正しいでしょう。
アフターピルは72時間以内に服用すれば必ず避妊ができるといった保証はありません。
時間経過と共に妊娠を防ぐ確率が下がっていくことになりますので旅行中の場合は早めに入手して服用することが大事になります。
要処方箋薬になりますので薬局で入手するのは難しいですから近くの病院に早急に行かなければなりません。
後で緊急回避できるからいいやとのんびりしていると入手するのにも時間が掛かり、避妊失敗をしてしまうこともありますのでアフターピルの入手と使用は早めに行ないましょう。